サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
首都圏で家庭用エネ競争本格化、ガス・電力・石油トップそろう/JXTGエネが参入、東電EPは床暖プラン 【1面】
 石油元売り首位のJXTGエネルギーは9日、首都圏(東京ガスの供給区域)で2018年度中に家庭向けガス小売事業に参入すると発表した。同社の参入で、都市ガス、電力、石油の主要エネルギーの各トップ企業が、首都圏の家庭向けガス・電気市場にそろい踏みする。東京ガスは電気の、東京電力エナジーパートナー(東電EP)はガスの新しい料金メニューを発表、いよいよ首都圏で競争が本格化してきた。関東のガスのスイッチングは、12月単月で初めて近畿を上回った。

○JXTGエネが18年度中に参入

 JXTGエネルギーは1月から試験的に社員向け販売を開始、一般販売を18年度中に開始する。早期に10万件の獲得を目指す。同社は本業の石油製品販売に加え、16年4月に家庭向け電気に参入。家庭向けガス小売りにも参入することで、総合エネルギー企業として、エネルギーのあらゆるニーズに対応する。

―全文は本紙で


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●増補加筆版『ガスマンのための営業読本』
2017年9月発行以来、大好評書籍をさらにパワーアップ! 都市ガス自由化から1年半を経過して、「エネルギー自由化とは一体何であったか」について、著者の鋭い筆が斬り込みます。
〈好評発売中〉

●『’19 日本の都市ガス事業者-CITY GAS』
都市ガス業界関係者必携の年鑑。今回初めて、各社の託送料金平均単価も掲載しています。B5判/600ページ
〈好評発売中〉

●「天然ガス特集2018」発売!
自治体、大口顧客、サブユーザー様へ「天然ガスの今」を訴求する配布資料として、ぜひご活用下さい。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

スマートエネルギー情報局 エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム 全国親子クッキングコンテスト 日本ガス協会