サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
ガス自由化「競争は一定程度進展」監視委が自由化後初報告/電力3社「切り替え手続き統一を」 【1面】
 経済産業省の電力・ガス取引監視等委員会は11月28日、第24回制度設計専門会合(座長=稲垣隆一弁護士)を開催した。ガス市場の状況についてガス小売り全面自由化後初めて報告し「競争は一定程度進んでいる」と評価した。大手電力会社は、ガスのスイッチングに必要な手続きを中小ガス事業者も含めて統一してほしいと要望した。

 家庭用の新規参入(既存ガス事業者による越境も含む)が進んだエリアは8月末時点で17あり、大半は関東だった。

 ガス販売量全体に占める新規参入者のシェアは8月時点で11・5%、家庭用は1・2%だった。自由化後5カ月間の進捗を電力と比較すると、全販売量に占める新規参入シェアはガスの方が電力の8・0%より高い。一方、家庭用は電力の2・3%の方が高かった。

―全文は本紙で


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●増補加筆版『ガスマンのための営業読本』
2017年9月発行以来、大好評書籍をさらにパワーアップ! 都市ガス自由化から1年半を経過して、「エネルギー自由化とは一体何であったか」について、著者の鋭い筆が斬り込みます。
〈好評発売中〉

●『’19 日本の都市ガス事業者-CITY GAS』
都市ガス業界関係者必携の年鑑。今回初めて、各社の託送料金平均単価も掲載しています。B5判/600ページ
〈好評発売中〉

●「天然ガス特集2018」発売!
自治体、大口顧客、サブユーザー様へ「天然ガスの今」を訴求する配布資料として、ぜひご活用下さい。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

スマートエネルギー情報局 エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム 全国親子クッキングコンテスト 日本ガス協会