サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
「文化」介護で「自滅」しないために、仕事と両立する体制を 【8面】
 日本には現在、老親の介護に専念するために仕事を辞める「介護離職者」が年間約10万人もいる。だが、その選択は本人にとって大きなリスクを伴うだけでなく、人材難に悩む多くの企業にとっても望ましいことではない。仕事と老親の世話を両立するカギは何か。介護問題を長年取材するジャーナリストの太田差惠子さんに聞いた。
     ◇
 少子高齢化や核家族化、未婚化といった家族形態の変化に加え、地域コミュニティーの喪失や女性の社会進出という要因もあり、男女問わず実子が働きながら老親の介護の負担を一身に背負うケースが増えている。その結果として大量に生まれているのが、介護離職者だ。だが、親の年金頼りの生活設計にはリスクが大きい。太田さんは「介護のために会社を辞めてはダメ」と訴える。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●’18 日本の都市ガス事業者-CITY GAS
エネルギー自由化時代を
俯瞰するガス業界の年鑑

B5判 600ページ
発行:2017年11月 28日
価格:14,500円(税別)


●カラダよろこぶお肉レシピ
コンロの便利機能を使って
ヘルシーに!


A5判 16ページ
発行:2017年9月 
価格:120円(税別)


●ガスマンのための営業読本
ガスマン必読のバイブル! 

B6判 304ページ
発行:2017年9月25日
価格:1,600円(税別)


ガスの情報誌「それいゆ」のご案内
全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム 全国親子クッキングコンテスト 日本ガス協会