サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
売り手多様化が課題、段階的な広域化目指す/需給調整市場 【3面】
 総合資源エネルギー調査会(経産相の諮問機関)電力・ガス基本政策小委員会の制度検討作業部会(座長=横山明彦東大教授)は19日、需給調整市場の詳細設計を議論した。東京ガスは大手電力以外の電源やデマンドレスポンス(DR)の参入を促す仕組みとするよう求めた。売り手の多様化の実現が今後の大きな課題になりそうだ。応動時間等の要件により商品区分を10区分にすることや、送電事業者のエリアを越えた広域取引の対象商品を段階的に拡大することは今回でほぼ決まった。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●’18 日本の都市ガス事業者-CITY GAS
エネルギー自由化時代を
俯瞰するガス業界の年鑑

B5判 600ページ
発行:2017年11月 28日
価格:14,500円(税別)


●カラダよろこぶお肉レシピ
コンロの便利機能を使って
ヘルシーに!


A5判 16ページ
発行:2017年9月 
価格:120円(税別)


●ガスマンのための営業読本
ガスマン必読のバイブル! 

B6判 304ページ
発行:2017年9月25日
価格:1,600円(税別)


ガスの情報誌「それいゆ」のご案内
全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム 全国親子クッキングコンテスト 日本ガス協会