サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
「水素供給網の開発進む」川崎重工業/千代田化工 【7面】
 CO2排出量削減とエネルギーの安全保障の観点から、水素利用が注目されている。経済産業省は2016年に改定した「水素・燃料電池戦略ロードマップ」によると30年頃から水素発電が本格導入され、大規模な水素利用が進むとしている。

○20年度に輸送

 川崎重工業は、水素の製造から輸送まで関わるプロジェクトを新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業として取り組んでいる。

 同社は、海外から大量の水素を運搬し港湾施設で荷揚げする水素サプライチェーンを構築し安価な水素を供給する目的で16年2月、岩谷産業、シェルジャパン、電源開発とともに技術研究組合を設立した。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●’18 日本の都市ガス事業者-CITY GAS
エネルギー自由化時代を
俯瞰するガス業界の年鑑

B5判 600ページ
発行:2017年11月 28日
価格:14,500円(税別)


●カラダよろこぶお肉レシピ
コンロの便利機能を使って
ヘルシーに!


A5判 16ページ
発行:2017年9月 
価格:120円(税別)


●ガスマンのための営業読本
ガスマン必読のバイブル! 

B6判 304ページ
発行:2017年9月25日
価格:1,600円(税別)


ガスの情報誌「それいゆ」のご案内
全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム 全国親子クッキングコンテスト 日本ガス協会