サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
技術で新たな価値を、都市ガスシンポに1800人/日本ガス協会 【1面】
 日本ガス協会は7日、都市ガス関連の最新技術や研究開発の成果などを発表して共有化を図る「都市ガスシンポジウム2017」を東京・千代田区のイイノホールで開催した。4月にガス小売り全面自由化となり、都市ガス業界を取り巻く環境が大きく変化する中、今回のシンポジウムは、モノのインターネット(IoT)関連事業者による展示発表のコーナーを設けるなど、新たな取り組みを実施。ガス事業者やメーカーなどから例年の来場者数を上回る約1800人が来場し、盛り上がりを見せた。

 開会あいさつで技術開発委員会委員長の瀬戸口哲夫・大阪ガス副社長は、「消費者の価値観の変化と情報通信技術の急激な変化によって、新たなサービスが次々と生まれ、進化している。こうした動きはわれわれの業界も無縁ではない。お客さまに価値を認めていただける新しいサービスを創造する上で、技術開発が果たす役割への期待はますます高まっている」と語った。

―全文は本紙で


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●Siセンサーコンロ拡販冊子の決定版 知って納得! 最新ガスコンロの実力 2018年版
サイズ:A4判 カラー16ページ
発行日:2017年12月
価格:143円(税別)



●’18 日本の都市ガス事業者-CITY GAS
エネルギー自由化時代を
俯瞰するガス業界の年鑑

B5判 600ページ
発行:2017年11月 28日
価格:14,500円(税別)


●カラダよろこぶお肉レシピ
コンロの便利機能を使って
ヘルシーに!


A5判 16ページ
発行:2017年9月 
価格:120円(税別)


ガスの情報誌「それいゆ」のご案内
全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム 全国親子クッキングコンテスト 日本ガス協会