サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【特集】暮らし創造研究会シンポジウム―成果を各研究部会の主査が発表 【8~9面】
 日本ガス体エネルギー普及促進協議会(コラボ、会長=内田高史・東京ガス副社長)は3月2日、東京・千代田区の経団連会館で「暮らし創造研究会シンポジウム」を初開催した。「効果・効能研究部会」「暮らしの意識・行動研究部会」「超高齢社会の居住環境研究部会」の三つの研究部会で進めた3年間の研究成果を、それぞれの研究部会の主査が発表した。暮らし創造研究会は超高齢・高度省エネ社会への移行を見据え、①健康・快適、②安全・安心、③省エネ・CO2削減―を推進するための適切な設備と暮らし方を研究するために2014年3月に発足した。活動目的は、成果の発信・啓発を通じて機器や暮らし方を普及推進し、住まい手の視点で暮らし方を創造することだ。シンポジウムの内容を紹介する。

―全文は本紙で




全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●’18 日本の都市ガス事業者-CITY GAS
エネルギー自由化時代を
俯瞰するガス業界の年鑑

B5判 600ページ
発行:2017年11月 28日
価格:14,500円(税別)


●カラダよろこぶお肉レシピ
コンロの便利機能を使って
ヘルシーに!


A5判 16ページ
発行:2017年9月 
価格:120円(税別)


●ガスマンのための営業読本
ガスマン必読のバイブル! 

B6判 304ページ
発行:2017年9月25日
価格:1,600円(税別)


ガスの情報誌「それいゆ」のご案内
全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

エコジョーズ ソーラーエネルギー利用推進フォーラム 全国親子クッキングコンテスト 日本ガス協会