サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
東ガス管内1000戸、エネファーム採用住宅/三井不レジ・東ガス 【2面】
  三井不動産レジデンシャルは10月31日、新築分譲戸建住宅「ファインコート」シリーズにおいて、東京ガスのエネファームの採用住宅が累計1000戸になったと発表した。また、今後都内に新設する同シリーズの全戸に、停電時発電継続機能内蔵型のエネファームを標準採用するとした。

 「ファインコート」は1995年に三井グループ唯一の分譲住宅として誕生した都市型戸建住宅。これまで首都圏を中心に700物件を超える「街」、1万2000戸を超える住宅を提供してきた。エネファームは2012年に採用を開始。14年3月からは、東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県における東京ガスの都市ガス供給区域内に新設する「ファインコート」全戸に、東京ガスが販売するエネファームを標準採用している。その累計戸数が10月27日、引き渡しベースで1000戸の大台に届いた。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●きじまりゅうたのおうちレストラン
NHKの番組などで大活躍の料理研究家きじまりゅうた氏監修による《元気がでる》レシピ集。
WEBセールでのお見積り特典や、再開しつつある接点営業などでぜひご活用ください!

●もしもに強い!エネファーム
先日九州地方に上陸した台風9号・10号など、近年、激甚化した台風や地震にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型エネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、地域の暮らしを支えたことが注目されています。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ TEST2 bogets