サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
新物流機構に参画を、100万件規模の陣営目指す/TGリキッドHD・村関不三夫社長インタビュー 【4面】
 東京ガスグループのLPガス事業を統括する村関不三夫・東京ガスリキッドホールディングス社長に、自由化時代におけるLPガス事業の位置付けと戦略を聞いた。村関社長は、18日に発表したアストモスエネルギーとの包括提携の意義を強調。他のLPガス事業者から見ても魅力的な配送・保安体制を構築して多くの事業者の参画を募り、早期に100万件規模の陣営を目指したいと述べた。

―東京ガスグループのLPガス事業の現状と課題、エネルギー自由化時代に向けた新たな位置付けを教えてほしい。

 当社LPガス子会社の東京ガスエネルギーによる販売量は年間36万tで全国8位。直売件数は6万件。特約店「火葉会」への卸を含む関東圏におけるシェアは4%だ。課題は規模が小さく顧客密度が低いこと。そのため配送費などの固定費負担が重く、収益力が低い。営業力も弱いと言わざるを得ない。

 原因は東京ガスがLPガス事業に今まで本気で取り組んでこなかったことにある。営業要員も不足しており、都市ガスの文化から、競争に不慣れだった。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●きじまりゅうたのおうちレストラン
NHKの番組などで大活躍の料理研究家きじまりゅうた氏監修による《元気がでる》レシピ集。
WEBセールでのお見積り特典や、再開しつつある接点営業などでぜひご活用ください!

●もしもに強い!エネファーム
先日九州地方に上陸した台風9号・10号など、近年、激甚化した台風や地震にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型エネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、地域の暮らしを支えたことが注目されています。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ TEST2 bogets