サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
自立型GHPでBCP対策、香川大学(香川県高松市)/四国ガス 【7面】
 香川大学は、高松市に本部を置く香川県唯一の国立大学である。6学部13学科があり、大学院・研究科を含め約6500人が学んでいる。

2014年に完成した多目的ホールには、停電時にも空調、照明、非常用コンセントを使用できる電源自立型GHP「エクセルプラス」を採用。大規模災害時の物流拠点施設となっているほか、避難場所として使用可能とし、大学のBCP(事業継続計画)にも配慮した。天然ガスは四国ガスが供給している。

○多彩な教育プログラムで地域貢献

 香川大学は1949年、香川師範学校等を母体に新制大学として発足した。理念として、「世界水準の教育研究活動により、創造的で人間性豊かな専門職業人・研究者を養成し、地域社会をリードするとともに共生社会の実現に貢献する」ことを掲げている。

 特に地域貢献には力を入れており、自治体や住民と連携した多彩な教育プログラムを展開している。例えば「香大生の夢チャレンジプロジェクト」。地域貢献のアイデアを学生から募集し、審査の結果採択されれば予算がついて実施できる。

 15年度に実施されたプロジェクトからいくつか紹介しよう。「輝け!盆栽ガールズ!」は、高松の地場産業である盆栽の魅力を、女性や若者を含めてより広く知ってもらおうというものだ。盆栽作家を招き、商店街、イベント会場などで月1回のワークショップを開催した。回を重ねるごとに参加者が増え、留学生も関心を持つなど一定の成果を上げた。

 「直島を歩こう!レッツ・ロゲイニング!!」は、アートの島として知られる直島(香川県)のアート以外の魅力を知ってもらおうという試み。ロゲイニング(野外のチェックポイントを回るスポーツ)大会の開催を通じて、観光客と島民との交流を図った。集客に苦労するなど課題もあったが、参加者や島民には好評だったという。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●きじまりゅうたのおうちレストラン
NHKの番組などで大活躍の料理研究家きじまりゅうた氏監修による《元気がでる》レシピ集。
WEBセールでのお見積り特典や、再開しつつある接点営業などでぜひご活用ください!

●もしもに強い!エネファーム
先日九州地方に上陸した台風9号・10号など、近年、激甚化した台風や地震にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型エネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、地域の暮らしを支えたことが注目されています。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ TEST2 bogets