サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
「日本まち物語」第28回-熊本県天草市/多彩な魅力を持つ「宝島」 11面
 「天草宝島」という言葉がある。天草宝島観光協会、天草宝島ライン(航路)等々、天草ではさまざまな形で使われている。

 なぜ宝島なのか。今回初めて天草を訪れ、その意味が少し分かった気がした。この島には実に多彩な魅力があり、いろいろな楽しみ方ができるのだ。キリシタン文化をたどる旅。イルカウォッチング。窯元巡り。マリンスポーツ。化石採集体験。水平線に沈む夕日の名所もあるし、温泉やキャンプ場もある。周囲を海に囲まれており、海産物は新鮮でおいしい。天草五橋でつながっているから陸路でも行けるが、乗り物好きなら船や天草エアラインのプロペラ機を利用するのも面白い。その人の関心に応じて、誰でも宝物が見つけられる島―。それが天草である。

■島原の乱・激戦の地

 天草には上島、下島という二つの大きな島がある。今回主に回ったのは、下島の中心である本渡(ほんど)地区。天草ガスがある所だ。「天草宝島案内人の会」の西岡義清会長にご案内いただき、キリシタン文化と島原の乱(天草・島原の乱)関連の見どころを歩いた。

 最初に訪れたのは、市中心部を流れる町山口川にかかる祇園橋である。1832年に完成した全国的にも珍しい多脚式の大型の石造り桁橋で、国の重要文化財に指定されている。一見、石を無造作に置いただけのように見えるが、水の圧力をまともに受けないよう直方体の橋脚の角を上流に向けるなど、細かいところに優れた技術と知恵を見ることができる。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●きじまりゅうたのおうちレストラン
NHKの番組などで大活躍の料理研究家きじまりゅうた氏監修による《元気がでる》レシピ集。
WEBセールでのお見積り特典や、再開しつつある接点営業などでぜひご活用ください!

●もしもに強い!エネファーム
先日九州地方に上陸した台風9号・10号など、近年、激甚化した台風や地震にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型エネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、地域の暮らしを支えたことが注目されています。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ TEST2 bogets