サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
津波への対応も確認、全社総合防災訓練を実施/大阪ガス 【6面】
 大阪ガスは14日、南海トラフ地震を想定した災害対応訓練と事業継続計画(BCP)訓練を併せて行う全社総合防災訓練を実施し、本社、地区事業所、製造所などで計2300人が参加した。今回は津波の襲来を想定したガス供給停止訓練も実施。津波による被害の防止と早期復旧を図るため、津波到達前に被害想定エリアで供給停止する手順を確認した。

 同社は昨年12月、業界で初めて津波による二次被害を防止するための供給停止システムとして、兵庫、大阪、和歌山の沿岸地域を9区域に分けた「沿岸防災ブロック」を構築した。震源やマグニチュードなどの気象庁発表情報や検潮所の潮位情報などを基に、津波の到達前に被害想定エリアでブロックごとに中圧地区ガバナーなどを遠隔遮断する。ガス供給設備への漂流物の衝突による二次災害を防ぐとともに、沿岸部の供給ブロックを分割することによってガス供給停止範囲を最小限に抑え、早期復旧を図る。

 南海トラフ地震を想定し、大阪ガス管内でマグニチュード8・7、最大震度6弱の地震が発生したとの設定で訓練を実施。本荘武宏社長を対策本部長とした本社対策本部を設置し、各地区対策本部や製造所など10カ所をつなげたテレビ会議で被害状況などの情報を共有した。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●きじまりゅうたのおうちレストラン
NHKの番組などで大活躍の料理研究家きじまりゅうた氏監修による《元気がでる》レシピ集。
WEBセールでのお見積り特典や、再開しつつある接点営業などでぜひご活用ください!

●もしもに強い!エネファーム
先日九州地方に上陸した台風9号・10号など、近年、激甚化した台風や地震にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型エネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、地域の暮らしを支えたことが注目されています。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ TEST2 bogets