サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
研究会立ち上げ検討、住宅に良好な温熱環境を/ベターリビング 【2面】
 優良な住宅部品に対する認定等を行うベターリビングはこのほど、「住宅における良好な温熱環境実現研究委員会」を立ち上げた。今年度から2年間にわたり、住宅全体の高断熱・高気密化や、冬場の室温が低く健康へ悪影響を及ぼすと考えられる浴室、脱衣所、トイレ等の水回り空間の対応策などを検討。これらの対応策の普及を通じ、ヒートショックなど住宅の温熱環境がもたらす事故の減少を目指す。

 6月27日に第1回会合を開催した。委員長には村上周三建築環境・省エネルギー機構理事長、副委員長には深尾精一首都大学東京名誉教授(ベターリビングサステナブル居住研究センター長)が就任。建築・医学関係の研究者ほか、住宅関連団体やエネルギー関連団体が委員として参加し、国土交通省、厚生労働省、経済産業省がオブザーバーとして名を連ねる。

 同委員会の下に「温熱環境研究部会」(部会長=伊香賀俊治・慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科主任教授)、「構工法・設備評価部会」(部会長=岩前篤・近畿大学建築学部長教授)の二つの部会を設け、研究を進める。委員会ではまた、住宅産業全体の取り組みとして対応策の普及を図るとともに一般生活者への周知活動に取り組む。

 「温熱環境研究部会」では、健康に影響があると考えられる住宅内の温熱環境に主眼を置き、既往のさまざまな調査研究を活用し、有識者の見解、諸外国の状況、文献なども参考にして居住空間における温度などの温熱環境水準を検討する。

 「構工法・設備評価部会」では居住空間の良好な温熱環境を実現させる住宅の構工法、設備等による現実的かつ効果的な対応策を検討する。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●きじまりゅうたのおうちレストラン
NHKの番組などで大活躍の料理研究家きじまりゅうた氏監修による《元気がでる》レシピ集。
WEBセールでのお見積り特典や、再開しつつある接点営業などでぜひご活用ください!

●もしもに強い!エネファーム
先日九州地方に上陸した台風9号・10号など、近年、激甚化した台風や地震にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型エネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、地域の暮らしを支えたことが注目されています。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ TEST2 bogets