サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
夏休みイベント開催、食育、魚釣り、バスツアーほか 【2面】
 今年も夏休みのイベントが全国各地で開かれている。内容は自由研究に役立つ実験や工作、魚釣りなどの自然体験、食育フェアなどさまざま。都市ガス4社の取り組みを紹介する。

○旭川ガス、釣りとホタル飼育

 旭川ガスの夏休み恒例イベントは、親子で川にヤマメを釣りに行く「山・川・魚」と、ホタルを貸し出す「ホタルの里親」がある。
 今年で10回目を迎えた「山・川・魚」は7月30日、上川郡愛別町パンケ川で実施。前日までの大雨で数組のキャンセルがあったが、16組の親子が名人の指導の下、釣りを楽しんだ。昼食はヤマメのから揚げを用意。釣り上げたヤマメは参加者が持ち帰った。

 「ホタルの里親」は同市西神楽地区でホタルを繁殖し、環境整備を進める「ホタルの会」の協力を得て行った。虫かごに入れたホタル6匹を約1週間自宅で飼育するもの。9日にショールームで21組に配布、17日に返却してもらった。「水のきれいな場所に生息するホタルは市内ではほとんど見かけない。生存期間は3日から10日間程度と短い。家で飼うことで子供たちはさまざまなことを感じ、たくさんの手紙を寄せてくれる。遊びに来る孫のためにと応募する高齢者もいる」(森康則管理本部企画部企画グループ課長代理)という。

○北海道ガス、自由研究を支援

 北海道ガスは初の試みとして、小学4~6年生の子供とその親向けにエネルギーと環境を学ぶバスツアーを8月5日と9月10日に実施。定員を上回る応募があった。
 5日は、北ガス札幌東ビル技術開発・研修センターを訪問。燃料電池実験や冬の北海道の寒さを再現したマイナス25℃の環境試験室などを見学後、「環境広場さっぽろ2016」の北ガスブースを訪れた。

 9月10日は「木質バイオマス丸わかりツアー」。苫小牧木質バイオマス発電所に間伐材を供給する似湾乙山林で植樹や間伐を体験し、コースターを作成後、同発電所を見学する予定だ。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●きじまりゅうたのおうちレストラン
NHKの番組などで大活躍の料理研究家きじまりゅうた氏監修による《元気がでる》レシピ集。
WEBセールでのお見積り特典や、再開しつつある接点営業などでぜひご活用ください!

●もしもに強い!エネファーム
先日九州地方に上陸した台風9号・10号など、近年、激甚化した台風や地震にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型エネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、地域の暮らしを支えたことが注目されています。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ TEST2 bogets