サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
ガス展で電気を提案、電化住宅にもアプローチ/帯広ガス 【2面】
 帯広ガスは7月23、24の両日、本社構内で25回目のガス展「帯ガスまつり」を開き、2000人が来場した。顧客謝恩をテーマに掲げ、ガス機器の格安販売や多彩なイベントを企画。顧客との信頼関係構築を目指した。

 同社は5月から「北ガスの電気」の代理店として電力販売を開始した。目的は天然ガスから他燃料への切替防止だ。ガスまつりでは、電気を単独でアピールするのではなく、省エネタイプのレンジフードとセットで「北ガスの電気」も提案した。

 ガス展の企画を担当する営業企画の高橋一博氏は「北ガスの電気は従来の北海道電力より安い。省エネレンジフードとダブルで、電気代削減をPRした」と話す。ガス展で3件獲得でき、同社の「北ガスの電気」獲得数は23件になった。

 新たな試みとして、「オール電化住宅対象のエコジョーズ相談会」も行った。北海道は電気代が上昇している。同社は灯油住宅よりも電化住宅に切り替えのチャンスがあるとみて、ガス管が住宅前の道路まで敷設されている直着電化住宅300件にガスまつりちらしを配布した。数件の問い合わせがあり、見積もりを作成した。成約者にはファンコンベクターをプレゼントした。「ガス需要家を増やそうと企画した。次につながる取り組みだった」と高橋氏は話す。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●きじまりゅうたのおうちレストラン
NHKの番組などで大活躍の料理研究家きじまりゅうた氏監修による《元気がでる》レシピ集。
WEBセールでのお見積り特典や、再開しつつある接点営業などでぜひご活用ください!

●もしもに強い!エネファーム
先日九州地方に上陸した台風9号・10号など、近年、激甚化した台風や地震にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型エネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、地域の暮らしを支えたことが注目されています。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ TEST2 bogets