サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
消費者と信頼醸成を 16年度事業計画発表/LP振興センター  【4面】
 エルピーガス振興センターは15日、プレス懇談会を開き2016年度事業計画等を発表した。4月に理事長に就いた増田宰アストモスエネルギー社長は「米国からのLPガス輸入が増え調達多様化が進み、国内ではエネルギー自由化が進展するなど内外の情勢は大きく変動している。30年にLPガス需要を1970万tとする日本LPガス協会の目標実現のためにも、当センターとしては消費者とLPガス業界の信頼関係を醸成するための活動にまい進する」と抱負を語った。

 16年度の事業計画の主な内容は次の通り。

 (1)技術開発事業―LPガスを混合することによるバイオマスエネルギーの有効利用に関する内外動向調査、具体的ビジネスモデルの構築に向けた課題抽出と検討を行う。

(2)調査研究事業―LPガス流通・販売業経営実態調査の取りまとめ、LPガス流通価格の実態調査、消費者への情報提供の在り方調査、災害時に向けた病院、学校等の燃料備蓄の状況等を調査する。FRP容器利用拡大のための実証支援事業を行う。LPガス料金の透明性(公表状況)や集合住宅における契約等の実態を調査する。

(3)普及啓発事業―石油ガス流通合理化調査や石油ガス講習会、消費者との懇談会、普及啓発に向けた情報冊子の発行を行う。

(4)産油・産ガス国事業環境整備事業―産消対話で交流を促進するため「LPガス国際セミナー」を開催する。16年度は17年3月7~8日に経団連会館「日経ホール」で開催する。

(5)広報活動―「研究成果発表会」を開催し成果を広く公表する―など。


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●きじまりゅうたのおうちレストラン
NHKの番組などで大活躍の料理研究家きじまりゅうた氏監修による《元気がでる》レシピ集。
WEBセールでのお見積り特典や、再開しつつある接点営業などでぜひご活用ください!

●もしもに強い!エネファーム
先日九州地方に上陸した台風9号・10号など、近年、激甚化した台風や地震にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型エネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、地域の暮らしを支えたことが注目されています。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ TEST2 bogets