サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
東京ガスがアットホームと提携、電力申込数40万件突破 【1面】
 東京ガスは21日、不動産情報サービス最大手のアットホームと業務提携したと発表した。アットホームは8月下旬から首都圏に約2万9000店ある加盟・利用不動産店に対し東京ガスの低圧電力プランの紹介サービスを開始する。東京ガスの低圧電力の申込件数は20日までに今年度の計画数である40万件を突破したが、こうしたてこ入れ策を通して一層の上積みを図る。

 アットホームは加盟・利用不動産店による「アットホーム不動産情報ネットワーク」を基盤に、不動産会社間の情報流通支援、消費者向け不動産情報サイト「アットホーム」の運営を手掛ける。加盟・利用不動産店は全国に5万4029店。 

 サービスの対象物件は関東一都六県と山梨県に所在する賃貸マンションのロビー・エレベーターなどの共用部、店舗・事務所。「数年間で1500件から2000件の獲得を目指す」(アットホーム広報担当)という。

 今回の提携により、東京ガスはアットホームのネットワークを通して不動産店や賃貸オーナーへの電力販売量の拡大を見込む。アットホームは加盟・利用不動産店へのサービス拡充につながる。不動産店にとって東京ガスへの切り替えによる電気料金の削減提案は、優良な賃貸マンションオーナーや入居テナントを囲い込む差別化策となる。切り替え件数に応じ、東京ガスがアットホーム、不動産店双方に手数料を支払う。

 アットホームが大手電力を含め小売電気事業者と提携するのは初めて。東京ガスは低圧電力販売でこれまでも複数の不動産会社と業務提携してきたが、大手は初という。

 東京ガスの低圧電力申込件数は自由化直前の3月末に爆発的に増えた後、増加ペースが鈍化していた。だが、6月下旬から実施した切り替え促進キャンペーンが功を奏して、現在は月4万~5万件のペースを維持している。こうした異業種との業務提携の拡充や付加価値サービスの強化などにより、さらなる顧客の獲得を目指す。

―全文は本紙で


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●きじまりゅうたのおうちレストラン
NHKの番組などで大活躍の料理研究家きじまりゅうた氏監修による《元気がでる》レシピ集。
WEBセールでのお見積り特典や、再開しつつある接点営業などでぜひご活用ください!

●もしもに強い!エネファーム
先日九州地方に上陸した台風9号・10号など、近年、激甚化した台風や地震にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型エネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、地域の暮らしを支えたことが注目されています。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ TEST2 bogets