サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
「天然ガス高度利用」盛る、基本政策分科会が報告書/エネルギー基本計画 【1面】
 総合資源エネルギー調査会(経産相の諮問機関)基本政策分科会(分科会長=三村明夫・新日鉄住金相談役名誉会長)は13日、第13回会合を開き、報告書「エネルギー基本計画に対する意見」を了承した。

 前回案でコージェネと蓄電池の併設を進めるかのように読めた記述は修正され、「政策の方向性」に天然ガスシフトと高度利用の促進に関する文言が加えられた。

コージェネ比率示さず

 都市ガス業界が明示を求めていた天然ガスの1次エネルギー比率や電源構成におけるコージェネ比率は示さなかった。天然ガスは「その役割を拡大していく重要なエネルギー源」、原子力は「需給構造の安定性を支える基盤となる重要なベース電源」、石油は「今後とも活用していく重要なエネルギー源」と位置付けた。

 天然ガスに関する「政策の方向性」は「コージェネなど利用形態の多様化により天然ガスシフトを着実に促進し、天然ガスの高度利用を進める」とした。電力供給に関して「安定して安価なベース電源とミドル・ピーク電源を適切なバランスで確保するとともに、分散電源も組み合わせていくことが重要」という文章を加え、分散型を供給力として評価する姿勢を示した。節電とピークカットの必要性も指摘した。

全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●【新版発売!】花粉症にはガスがイイ!
花粉症シーズンも乾太くんやガス温水床暖房などの優れたガス機器で快適生活を。

●ガスエネルギー新聞「天然ガス特集2020」
自治体・官公庁、サブユーザー、大口需要家様などに《天然ガスの優位性》を訴求するのに最適な資料です。

●もしもに強い!エネファーム
九州地方に上陸した台風9号・10号など、近年、激甚化した台風や地震にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型エネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、地域の暮らしを支えたことが注目されています。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2 bogets