サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
「天然ガスユーザー訪問」生活、環境、防災の中核施設/ダイナシティ 小田原ガス 
ダイナシティは、JR東海道線・鴨宮駅の北1㎞に位置する大規模な複合商業施設だ。4000台分の駐車場を備え、小田原市や周辺の市町から年間1200万人以上が訪れる。

空調は吸収冷温水機、GHPなどすべてガスを採用。天然ガスは小田原ガス(原義明社長)が供給している。

 ダイナシティは、旧大同毛織小田原工場の跡地に建設された。1993年オープンの「イースト」、00年オープンの「ウエスト」、02年オープンの「ウォーク」で構成される。施設の運営・管理は、ダイドーリミテッドグループのダイナシティ(大嶌啓介代表取締役)が行っている。

 現在、イーストにはイトーヨーカドーと専門店、ウエストには西武百貨店と専門店、ウォークにはシネマコンプレックス、スポーツクラブ、飲食店などが入っている。ウエストの中央部は「キャニオン」という巨大な吹き抜けスペースで、コンサートなどが開催できる。買い物、食事、イベントなどさまざまな形で楽しめる、1つの町のような施設となっている。

 イーストは今年11月にリニューアルし、一部テナントの入れ替えを行った。それに合わせ、小田原ガスのショールーム「エコリア」のダイナシティ店が1階にオープンした。

○環境問題に配慮
 ダイナシティは、早くから環境問題に配慮した取り組みを行ってきた。その1つが、00年の電気自動車(EV)用充電スタンドの開設だ。無料で誰でも利用できる公共スタンドの開設は、全国で最も早かったという。

 この点について大嶌代表取締役は「消費者はエコに敏感になっていますので、少しでも先取りして取り組みを進めたいと考えています。ダイナシティのお客さまの8割以上は車を使われますので、まずEV用スタンドをつくりました」と話す。


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●【新版発売!】花粉症にはガスがイイ!
花粉症シーズンも乾太くんやガス温水床暖房などの優れたガス機器で快適生活を。

●ガスエネルギー新聞「天然ガス特集2020」
自治体・官公庁、サブユーザー、大口需要家様などに《天然ガスの優位性》を訴求するのに最適な資料です。

●もしもに強い!エネファーム
九州地方に上陸した台風9号・10号など、近年、激甚化した台風や地震にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型エネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、地域の暮らしを支えたことが注目されています。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 TEST2 bogets