サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
7月に3000kg型発売、高圧貫流ボイラー新製品/三浦工業 【6面】
 三浦工業は、ガスだき高圧貫流蒸気ボイラーSQシリーズに新ラインアップ「SQ―3000B」(相当蒸発量毎時3000kg)を追加し、7月から受注を開始する。新制御方式の高圧貫流蒸気ボイラーSQシリーズは、2013年5月発売の5000型、7000型に次いで3種類となった。きめ細かな蒸気供給制御が可能なSQシリーズのラインアップを拡充し、生産性向上、生産コスト低減などの顧客ニーズに対応する。

 5000型、7000型と同様に新燃焼制御方式「高速連続制御(i―HV=アイハブ)」を搭載し、燃焼率を連続的に調整することで、蒸気量をきめ細やかに制御する。最小燃料流量と定格燃料流量の比である「ターンダウン比」は1対5とし、最小燃焼量でも安定燃焼を可能とした。

 蒸気負荷変動に対する追従性を高めるPID制御を採用。急激な負荷変動に素早く対応し、安定的な蒸気供給を実現する。圧力変動幅は上下0・01MPa内とする。

 ボイラー燃焼中や待機中もパイロット(着火用)バーナーを燃焼させる連続パイロット制御によって、起動時の燃焼炉内の換気(プレパージ)を不要とし、素早く燃焼開始できる。蒸気圧力の変動が少なく、安定した蒸気供給が可能。

 排熱でボイラーの給水を加熱する高効率エコノマイザーの標準搭載によって、ボイラー効率98%を達成した。燃焼に必要な空気を供給する送風機や給水ポンプにインバーターを装備し、省電力化した。

 空気とガスをあらかじめ混合させてから燃焼させる「予混合バーナー」と、燃焼室を持たない独自の「ノンファーネス缶体」の組み合わせによって、効率的に水管群へ伝熱でき、火炎の低温化を実現。業界最高レベルの低NOχの30ppmに抑えられる。

―全文は本紙で



全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
セミナー案内
書籍・冊子の案内
●きじまりゅうたのおうちレストラン
NHKの番組などで大活躍の料理研究家きじまりゅうた氏監修による《元気がでる》レシピ集。
WEBセールでのお見積り特典や、再開しつつある接点営業などでぜひご活用ください!

●もしもに強い!エネファーム
先日九州地方に上陸した台風9号・10号など、近年、激甚化した台風や地震にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型エネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、地域の暮らしを支えたことが注目されています。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ TEST2 bogets