サイト内検索
サイトマップ個人情報の取り扱い
【熊本地震】ガス復旧作業を完了/最大4600人体制に、余震、豪雨の中で早期復旧 【1面トップ】
 西部ガスは4月30日、熊本地震で停止していた熊本地区における全てのユーザーへのガス供給が可能になったと発表した。16日に発生した最大震度7の本震により、熊本地区10万884戸が供給停止。日本ガス協会が派遣した2600人を超える復旧応援隊と西部ガス復旧隊約2000人の計4600人体制で復旧に当たり、当初計画よりも8日早く復旧作業を完了した。
 5月1日に復旧完了式を開き、西部ガスの酒見俊夫社長は「無事故無災害で復旧を完遂できた。皆さま方の強い責任感、高い実行力のおかげ」と謝辞を述べた。(現地にて石井 義庸、木舟 辰平記者)

 復旧対象の10万884戸に対する復旧作業は、家屋倒壊や顧客側都合で供給再開できないものを除いて、30日13時40分までに完了した。

 西部ガスは当初、ガス導管網に大きな被害がある可能性を織り込み、5月8日までに全戸を復旧する計画としていた。復旧作業が前倒しで進んだのは、導管網の耐震化が進み、地震後も導管網の健全性が保たれたのが大きな理由だ。熊本地区は地下水位が高いため、ガス復旧を妨げる差し水を懸念する声もあったが、被害は少なかった。

―全文は本紙で


全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
全文を読むには ニュース記事一覧 バックナンバー
ガスエネルギー新聞からのお知らせ
書籍・冊子の案内
●ガスエネルギー新聞「天然ガス特集2020」
自治体・官公庁、サブユーザー、大口需要家様などに《天然ガスの優位性》を訴求するのに最適な資料です。

●きじまりゅうたのおうちレストラン
NHKの番組『きじまりゅうたの小腹すいてませんか』などで大活躍の料理研究家きじまりゅうた氏監修による《元気がでる》レシピ集。在宅勤務などステイホームを楽しくするレシピ満載! WEBセールでのお見積り特典や、再開しつつある接点営業などでぜひご活用ください!

●もしもに強い!エネファーム
先日九州地方に上陸した台風9号・10号など、近年、激甚化した台風や地震にともなう〈大停電〉が頻発しています。こうした中、電源自立型エネファームが〈スマホの充電〉や〈お風呂〉など、地域の暮らしを支えたことが注目されています。

全文を読むには?有料記事検索など

◇ 情報をお待ちしています

日本ガス協会 エコジョーズ TEST2 bogets